薄毛の原因

薄毛の原因

毛髪の構造

毛髪の構造

髪の毛は毛包(follicular Unit)と呼ばれる部分でつくられます。毛包の深いところには毛球があり、毛球は図のように毛母細胞と毛乳頭からできています。毛母細胞は、毛細血管から運ばれてきた酸素や栄養素をエネルギーにして、増殖や分化をくりかえし、これが上の方へと伸びていくことで髪の毛はつくられます。また、毛乳頭はさまざまな物質を分泌して毛母細胞の増殖をコントロールしています。

毛髪のサイクル

毛髪のサイクル

髪の毛1本1本には寿命があります。伸びては抜け、また新しく生えることをくりかえしています。これをヘアサイクルと呼んでいます。図のように毛包は、成長期、退行期、休止期のいずれかの状態にあり、このうち成長期が一番長く通常2〜6年間続きます。

男性の薄毛AGAとは

Androgenetic Alopecia の略で「男性型脱毛症」の意味です。

男性の薄毛AGAのヘアサイクル

男性ホルモンから作られるDHT(ジヒドロテストステロン)が毛根に働くと、毛の成長期が短くなるため、細い毛のまま抜ける、太くなる前に抜けるといった現象が生じて髪の毛のうぶ毛化がおこり、薄毛になっていきます。

AGAのヘアサイクル
AGAのヘアサイクル

DHT(ジヒドロテストステロン)の影響
DHT(ジヒドロテストステロン)の影響

女性の薄毛とは

男性型脱毛(AGA)が毛髪のヘアサイクルにおける成長期が短くなるのに対して、女性の薄毛の場合は、休止期(毛をつくらない時期)が長くなるのが原因のひとつです。
男性は前頭部(おでこ)と頭頂部の2か所から薄くなっていくことが多いのですが、女性は頭部全体の毛が細くなってボリュームが減少していくことが多いようです。
女性ホルモンの減少(更年期)や甲状腺ホルモンの減少が原因になることもあります。

お問合せ